授乳服はこんなに可愛くて便利~通販でお気に入りを探そう~

乳児

大人の半分しかありません

赤ちゃん

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。大人の半分ほどの薄さで、まだ体のいろいろな機能が未発達なため角層の働きもままならず、ちょっとしたことですぐに肌トラブルを起こしてしまいます。そのため敏感な赤ちゃんの肌を守るために気をつけることがいくつかあります。その前に赤ちゃんのお肌のことについて勉強しましょう。生後三ヶ月頃まで赤ちゃんの肌は皮脂の分泌も多いとされています。しかし、生後四ヶ月頃から皮脂の分泌が少なくなり赤ちゃんの肌は乾燥しやすくなります。この乾燥により赤ちゃんの肌は刺激に敏感になりちょっとした刺激でひどい肌荒れを起こすことがあるので注意が必要です。肌を乾燥から守るには、保湿することが大切です。保湿にもいろいろな方法がありますが、まずはベビーローションによる保湿を行なうことが大切です。外出時やお風呂あがりにたっぷり赤ちゃんに塗ってあげてください。また冬の乾燥しやすい時期には、加湿器をつけることや不要な外出はさけることをおすすめします。その他にも気をつけることがあります。赤ちゃんは汗っかきなのでお風呂に入り、清潔にしておく必要があります。しかし、お風呂は直接赤ちゃんの敏感な肌に触れるため特に注意が必要です。まず石鹸は泡立ててから使用しましょう。泡がクッションの役目をしてくれます。また泡立ててあらうと、すすぎ残しが残りにくくいです。赤ちゃんはシワが多くそこに洗い残しが残っていることが多いのできちんと確認しましょう。